プロフィール

 

1940年東京生まれ。

 

大学(早稲田大学文学部仏文科)卒業後NHKに入り、ドキュメンタリー番組のカメラマンの仕事を続けた。16ミリフィルムからハイビジョンまで、ということになる。

 

退職後、NHK出版で雑誌『放送文化』の編集や講座番組のテキスト編集をし、テレビなどのビジュアルメディアと活字メディアの関わりについて考える経験をした。

 

2002年から武蔵大学社会学部教授となり、映像論・ドキュメンタリー研究などの授業を受持ち、学生と一緒に映像作品の制作にあたる。  

 

2009年定年退職、現在武蔵大学名誉教授。 写真・映画・テレビなどの専門分野のほか、文化、芸術全般に関心があるが、その他に好きなものを挙げると、こどもの時から続いている蝶の採集(現在は観察のみ)、自然の樹木を見ること、料理をつくること、いい酒をのむこと、街をあるくこと。