8月
31
Posted on 31-08-2016
Filed Under (未分類) by tkeito

またまた、何度目かの日記再開だ。表紙の写真も変えて心機一転・・・というほど張り切っているわけでもない。これまで通りの日常茶飯。

たとえば散歩。夏の間は暑くて散歩どころではないけど、ウオーキングなんかやる人は夜になってからせっせと歩いている。僕はウオーキングもランニングもジョッキングも嫌いだから、もっぱら散歩。夕方少し涼しくなってからうちの近所の住宅街を目的ナシに歩く。歩くコースも未定・不定。途中の家々にいろいろな花が咲いているのを見るのだが、花を目当てにコースを決めるのでもない。しかし、写真は撮る。それを並べてみる。

 

 

 

オシロイバナ

ヒルガオ

ノウゼンカズラ

 

サルスベリ(百日紅)

東京の住宅街でも、結構いろいろな花が咲いている。オシロイバナは白、紅、黄とあって、中には2色混ざっているのもあって面白い。サルスベリにも何種類か色のちがいがあるけど、僕は白いのがいいと思う。白のサルスベリも百日紅と書くのだろうか。

 

白いサルスベリ

いろいろな花の中で、この時期の住宅街でいちばんたくさん見かけるのはムクゲ(槿)ではないだろうか。ムクゲの花もに白、紅、紫とさまざまあるが、なんといっても風情がいいのは白い花の芯の部分に紅を差したように赤が滲んでいるヤツだ。ソコベニという言い方があるらしいけど、「底紅」の意味だろうか。

 

ムクゲ

中心が紅を差したように・・・これがソコベニか。

並べついでに,もう1枚。ムクゲは韓国の国の花だというが、日本でもずっと昔から栽培されてきたらしい。夏の茶席の花に使われるという。6月頃から11月まで咲いているような気がする。ムクゲが終わるとサザンカが咲きはじめる感じだ。