6月
05
Posted on 05-06-2015
Filed Under (未分類) by toda

近所の住宅街を散歩していたら、大きな家が建っていたところがびっくりするような広い空き地になっていた。更地というのだろう、300坪ぐらいありそうだ。

写真のように、元は門から玄関につながるあたりの横の庭の隅にポンプ式の井戸がポツンと取り残されてあった。ポンプを押せば水が出るのかどうかは分からないけど、錆びてもいない立派な井戸だ。昔からの家だったから、庭の隅に井戸があったのだ。

井戸のポンプが残されているところを見ると、ここに新たに立つ家でもこの井戸を使うつもりだろうか。もそうであれば、ずいぶん贅沢なことだと思う。しばらくの間、残された井戸を眺めて、見とれていた。

大きな住宅が解体されて、そこに小さな2階建ての家が5軒も6軒も建つというのが、今では普通になっている。その場合は井戸は埋められてしまうけど、こうして井戸を残しているところを見ると、ここに又大邸宅が建つのかもしれない・・・。

昔はどこの家にも井戸があった。僕の生まれた世田谷の家は昭和20年5月の空襲で跡形もなく焼けたが、戦後、同じ場所に建てた家でも、戦前の家と同じように台所の流しのところに井戸があって、それを使っていた。台所の流しには水道の蛇口と井戸のポンプのアームが並んでいたものだ。その井戸がいつの間にか、何度かの増改築を繰り返すうちになくなった。いつ井戸を撤去したのか、記憶はない。

長く使って古くなったせいだろうか、その井戸は時々“水が落ち”た。井戸のアームを動かしても、スカスカに空回りするようで力がかからず、水が汲みあがらなくなるのだ。そういう時には「呼び水」とかいうのだったか、上から薬缶の水を井戸のなかに差し水をしながらポンプを押すと、急にポンプに重い力がかかって、水が上がってくる。それでまた使えるようになるのだった。

地面の下の深いところからくみ上げる井戸水は水温が一定で冬は暖かく、夏は冷たく感じる。それはとてもいいもので、夏休みの日々、炎天下のあそびを終えて帰ると、井戸水をごくごく飲んだものだった。いまでは子供達はペットボトル入りの水を飲む。僕も同じだけど。