2月
15
Posted on 15-02-2014
Filed Under (未分類) by toda

先週の土曜日ときのうの金曜日、東京は毎週大雪に襲われた。1週間前の雪がやっと消えたかと思ったら、金曜日朝から終日降り続けた。

こういうことは珍しい。先週の雪はサラサラした粉雪で、風に飛ばされて北海道の吹雪のようになっていたけど、きのうからきょうにかけて、これも1日中降ったのは湿った重い雪。シベリアの寒気団が南下しているところに、南から低気圧が進んでくると、本来この低気圧は台風みたいなものだから、雨が降るところ、寒気の影響で雪になるらしい。本州の太平洋側に大雪を降らせるのだという。

雪が降ると写真を撮りたくなる。それも夜の雪景色がいい。この日記でも、何度か夜の雪の写真を載せたことがあるけど、きのうの夜、また撮った。

 

 

  今年の冬は寒い。なんでも日本上空の偏西風の帯がシベリア寒気の南下のために蛇行していて、蛇行のくぼみのところに寒気が大きく南下し、そのために例年になく寒いのだという。そして、偏西風を蛇行させているのは南太平洋だかインド洋だかの海水温が高いためだという。つまり、地球の温暖化なのだ。

地球温暖化の影響で東京の冬が寒いらしい。まったく訳がわからないけど、終日雪が降りしきる日々、ぼくは窓から雪の降るのを眺めて、北海道や新潟の雪を想像したりして、家からは一歩も出ず、書きものをして過ごしたが、それでも運動不足になるのも困ると思って、先週の日曜日には盛大な雪かきをした。これ、結構な重労働で、30分もすると汗びっしょりになる。その割に成果が上がらない。しかし、隣の奥さんや向かいの旦那とはなしをする機会はできる。雪が降らないと近所付き合いもできないということか。

家の前に止めてある車も当分だせない感じで、これは別にかまわないけど、テレビを見ていて感じたのは、先週は東京でも久々の大雪というので、テレビは興奮のきわみだったが、1週間後の大雪ではそれほど騒がなかった。報道の人たちが「またかよ!」といって、新鮮味がなかったのだろう。大雪の被害も影響も今回の方がずっと大きかったし、ひどかったのだが。