3月
19
Posted on 19-03-2013
Filed Under (未分類) by toda

銀座シネパトスが3月いっぱいで閉館するという。

シネパトスのことは以前も、このブログに書いたことがある。2011年8月だったと思うが、梶芽衣子と宇崎竜童の『曽根崎心中』を見たのだった。増村保造の1978年の傑作。そのときも書いた記憶があるが、この映画館の独特な雰囲気はとてもいい。銀座といっても三原橋の地下というのは、銀座四丁目の交差点からほんの100メートルかそこらの場所とは思えない「場末感」が漂う。かつては「三原橋名画座」というのがあった。今はシネパトス1,2,3という3スクリーンがある。

地下に入る入り口からして写真のように淋しい雰囲気で、これが晴海通りの両側にある。晴海通りの下が映画館になっていて、地下全体が広い通路で、向こう側に通じている。

地下には映画館だけではなく、居酒屋「三原」もあって、その大衆的な雰囲気が独特なのだ。映画を見ていると、時どきというか、

頻繁にというか、スクリーンの裏あたりで地下鉄の音がひびく。東京メトロ日比谷線である。上は晴海通り、下はメトロなのだ。

繁華街の真ん中だから、暗闇ではきっとゴキブリやネズミなんかもうろちょろしているのだろう。それもこれも、銀座らしからぬ場末感というか、昔のままの感じが捨てがたい。

3月いっぱいで閉館というのは残念な気もするが、まぁ何となく納得してしまうような感じもある。

よくここまでやってきたよな~と思う人もいるだろう。