4月
19
Posted on 19-04-2014
Filed Under (未分類) by toda

今年のサクラはどうだろうと、3月半ばに考えていた。冬が寒くて東京でも大雪が2度も降ったのでサクラの開花に関係があるのかと、心配したわけではないけど、朝の食事の時の話題になったりした。 東京のサクラは3月29日に予想よりほ [more...]

3月
10
Posted on 10-03-2014
Filed Under (未分類) by toda

 大震災から3年が経つ。地震や津波や原発事故が起きた直後の予想を遥かに超える大被害が今もぼくたちを追い詰めている。この3年間、ぼく自身が感じた衝撃はたくさんあるが、いちばん心に残って、深く考えてきたのは津波で流されたガレ [more...]

2月
15
Posted on 15-02-2014
Filed Under (未分類) by toda

先週の土曜日ときのうの金曜日、東京は毎週大雪に襲われた。1週間前の雪がやっと消えたかと思ったら、金曜日朝から終日降り続けた。 こういうことは珍しい。先週の雪はサラサラした粉雪で、風に飛ばされて北海道の吹雪のようになってい [more...]

11月
18
Posted on 18-11-2013
Filed Under (未分類) by toda

岩波書店の書評誌『図書』に連載していた伊藤比呂美さんの「木霊草霊」が今月号にて終了した。愛読していたのですこし残念。 『図書』では伊藤比呂美さんのほかに、池澤夏樹さんの「詩のなぐさめ」と赤川次郎さん「三毛猫ホームズの遠眼 [more...]

10月
16
Posted on 16-10-2013
Filed Under (未分類) by toda

9月から10月にかけて(10月ももう半月も過ぎてしまったが)、蓼科へ行き、山形へも行った。蓼科は収穫期の葡萄畑を見に(山の紅葉も見に)、山形は「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に。 蓼科の宿のベランダのガラス戸に茶色の大 [more...]

8月
30
Posted on 30-08-2013
Filed Under (未分類) by toda

掲載した写真は2013年8月20日の朝日新聞夕刊の紙面だ。90年前の関東大震災の時、たぶん9月1日の午後、地震発生からそんなに時間の経っていない頃に撮影された写真が大きく掲載されている。 これは9月1日の地震直後に皇居前 [more...]

7月
13
Posted on 13-07-2013
Filed Under (未分類) by toda

そのあと神田川は御茶ノ水駅の上にかかった聖橋から、橋の名前を挙げれば、順に昌平橋、万世橋、和泉橋、美倉橋、左衛門橋、浅草橋、柳橋を通過して、両国橋の少し上流で隅田川に合流する。台東区柳橋1丁目だ。 左の写真は柳橋のすぐ近 [more...]

7月
01
Posted on 01-07-2013
Filed Under (未分類) by toda

神田川が新宿区北部の西武新宿線下落合駅附近で大きく右に曲がり、東向きに進んでいくことは前回書いた。そのあたりから流れの左岸が台地になっている地形のことも書いた。目白台という町名もある。かつては関口台、小日向台もあったけど [more...]

6月
14
Posted on 14-06-2013
Filed Under (未分類) by toda

神田川については2011年9月にこの日記に書いたことがある。2011年は3月11日の大震災のあと、梅雨のおわりから夏、秋と各地で大雨が降り、天変地異に慄くような気候だった。和歌山県の山間部の被害は甚大だったし、東京でも9 [more...]

5月
26
Posted on 26-05-2013
Filed Under (未分類) by toda

うちの近くに大宮八幡宮という大きな神社がある。前を通ったら、「御鎮座九五十年式年大祭」と書いたノボリがたくさん立っている。 はて、950年も前にここに神社がつくられたのかと、すこし驚いた。950年前といえば西暦1063年 [more...]